WORKS

日本を中心とした、とてもアバウトで偏った略歴です;

1990

台湾で「少女隊」というアイドルグループの1員としてデビュー

以後5年ほどタレントとして活動。女優としてスクリーンデビューも果たす。ロマンポルノな映画に出演したり、ヌード写真集を出したのもこの頃。

1995

台湾での映画出演などと平行して、ヤングジャンプのグラビアで日本デビュー。また日本でもヌード写真集を出し、話題に。

「くちびるの神話」で日本でも歌手デビュー。この曲は某アニメのタイアップがついている。

また流暢な日本語と天然な可愛さからバラエティー番組などで徐々に人気を獲得。

1997

レギュラー出演していたバラエティ番組の「ウッチャンナンチャンのウリナリ」内で、南原・天野とともに「ブラックビスケッツ」を結成。このユニットでのデビュー曲である「スタミナ」がオリコン初登場2位に。

「殺し屋&嘘つき娘」で日本でのスクリーンデビューを果たす。

1998

ライバルグループの「ポケットビスケッツ」と共にブラックビスケッツとして紅白出場。

1999

ブラックビスケッツ活動停止、「ウリナリ」も降板し、以降の活動を再び母国台湾へ。

2000

持病の外反母趾が悪化し休業する予定だったが、ジャッキーチェンとの共演オファーを選び休業を延期。ちなみにこの時出演した映画は「アクシデンタル・スパイ」

2001

佐久間正英を中心とした期間限定ユニット「The d.e.p」に参加。ヴォーカルをつとめる。

2003

元SIAM SHADEの遠藤一馬と「Vivian or Kazuma」としてTVアニメ(機動戦士ガンダムSEED)の主題歌を担当。またこの作品には声優としても出演している。

2005

外反母趾がさらに悪化。しかし調整がつかず再び手術は延期。痛みをこらえ、中国などで精力的に活動。
映画「人魚朶朶(邦名:靴に恋する人魚)」制作。

2006

「人魚朶朶」のPR後の2月、ようやく外反母趾の手術。全身麻酔で5時間にも及ぶが無事成功。しばらくは車椅子生活を送るも、歩けるまでに回復。
9月には「靴に恋する人魚」が日本で公開。それにさきがけ7月にはプロモーションの為来日。

足の怪我も乗り越え、ビビアンはこれからも躍進し続けます!!